こだまこずえ 日記

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

このさきは

c0103927_1051681.jpg

結構描いても写真じゃ変化わかりづらいですよね。。。
[PR]
by ko-zue | 2008-04-25 10:51

どんどん

c0103927_21195959.jpg

見え始めました。

楽しい感じになってきました。
[PR]
by ko-zue | 2008-04-20 21:19

奴が来るのです

トンネルを描き始めると、いつも来るのです。
寝ても覚めても出てくるフラッシュバックと景色。

だから嫌だったんです。描き始めるのが。でも、終わるまでは止まりません。

描き上げるしか解決法はないのです。
c0103927_13173036.jpg

[PR]
by ko-zue | 2008-04-17 13:17

近所の公園にて

c0103927_9312048.jpg

珍しく朝起きて郵便局行って、久しぶりに太陽の中歩いていたら、桜の木がほとんど緑に。
でも、でも、まだ少し残ってるのです。
ちょっとうれしいです。

なんだか気持ち良いので日光浴してまたあの暗いトンネルに戻ります。
[PR]
by ko-zue | 2008-04-15 09:31

魔法使い

ここ数日、思いっきり精神の逃亡をしていました。

しかし、このライブまでにはもどらねばと生還。

soilの時の悔しさは嫌なので、コルセット、靴、すべてばっちり準備して、一番前で堪能。
存分に発散出来ました。音楽っていいですね。そこに人がいて人がいて、音があって、共有して。ミュージシャンって魔法使いみたいです。大好きです。今回行けなかった人、是非次回は!!!!!!

そうそう、生還して、一番最初にしたことは
去年描きそびれたトンネルシリーズの制作。

c0103927_1616292.jpg


アトリエを片付けて、50号のキャンバス枠を組み立てて、生地を広げて、釘打ちして、黒で下地を作り、白で描き起こし、徐々に見えて来た景色。
今年は題名がすでに決まっています。
「時の塊団」
この題名に惹かれながら、描き進めてゆこうと思います。
早く進めて、次の絵もすでに構想は出来たので、描きあげたいです。
どんなに回っても逃げても、たどり着くのはこのトンネルなんですわ。私が生きている間に出来ることはこの世界を描くことなんですわ。
[PR]
by ko-zue | 2008-04-13 16:16

詩画「イカロスに憧れた少年」

c0103927_2385984.jpg


何もない 砂漠の中
緑も水もない 砂漠の中
癒しも安らぎも見当たらない 砂漠の中

いっそ消えたい と 砂漠の中
孤独な少年はイカロスに憧れて羽を付けた

ロウが無いので泥で造った
砂に涙を落として造った

羽をつけた少年は 太陽に近づこう と
走った 少年は走った
体はふわりとも飛んでくれない
走っているうちに森があったのも気づかずに
少年は走って走って走った

羽は風に飛ばされて
孤独な少年はただの少年に戻った

景色はやっぱり砂漠の中
ひとりぼっちの砂漠の中
残ったのは落とされ 道となった
涙の跡
[PR]
by ko-zue | 2008-04-11 23:09

明日死ぬかもしれないと思いながら生きる

最近、あまりにも人が理不尽な理由で死んでいることがニュースで流れる。
それが自分じゃないと言い切れる人は世界中誰一人としていない。
明日は我が身。
そうならないための行動。管理。思考。
それでも死は突然訪れる。

遠い未来を描けていたのだが、どんどんその時間が短くなっている気がする。
例えば80歳の自分が当然だったのに、最近浮かばない。
50歳でも微妙だ。

作品を作るたび体が削れている気がする。
なにかしら機能が低下している。怪我をする。
正直思うように体が動かない時が最近ありすぎた。
絵を描く限界なのかと思い始めていた。

しかし、その分、強くなっている部分もあることに気づいた。

右腕の太さが半端じゃない。
左の1、5倍あると友達に言われた。
久しぶりに鏡の前で力こぶを作ると、後ろのほうにまで筋肉が盛り上がっていた。

まだ生きようとしているように思えた。
体は大事にしよう。そして、自分の体と同じくらい人の体を大事にしよう。
多くの人じゃなく、自分の目の前の人だけでいいから。
そうすれば皆少しでも長生き出来るんじゃないかな。

人は人に生かされている。
生きることを放棄させようと思う人に、少しでも届く絵がかけたらと
自分の命を少し分けるから、もう少しこの世を楽しめるようになってくれたらと
それで一つの命が一つの命を消さなくてすむなら
私は絵を描き続けたいと思う。アンパンマンのように。


だが、アンパンマンがアンパンマンでいられたのはジャムおじさんとバタ子さんがいたから。
じゃないと一人しか助けられないもんね。
私にもそろそろジャムおじさんとバタ子さんが必要になってきた。。。。
[PR]
by ko-zue | 2008-04-07 03:06

好きなモノが多すぎて

モノがあふれる部屋と頭の中。

最近、パワー不足の私。
なのに世界のスピードが速すぎて
ついて行けない毎日です。


大事なものが多すぎて、どうしようもありません。
このままではとても大事な何かを失ってしまいそうです。

なんてことを
大好きなお笑い番組見て、あいのりなくて、なんだよ〜って思って、くりーむなんとか見て、深夜番組のノリについつい引きづり込まれそな所を嵐の宿題くんに変えて、今度のスペシャルの番宣的な回になんだよ〜、ちゃんとコーナーやってよ〜とか思いながら、歌スタ見て、「どんな分野でもモノを作ったり見せたり聞かせたりすることはかっこいいことではなく、命を削り、己を削り、むしろ恥と向き合う作業なのだ。魂のやりとりをするために目に見える形となりこの世に作品となって現れる。」と思っているのだが、どうも歌い終わった後のコメントにそのやりとりが出来そうなパッションを感じない挑戦者に悲しみを覚え、と多少熱くなって、ささる〜見ながら、うん、これならちょっとささるなんて思いながら、音レコのビヨンセものまねにかなりやられて、テレビを消し、mixiサーフィンしながら、誰かの日記に張り付いてたインベーダーゲームやってやられて、youtubeに移り、大好きな映像をみまくり、soil聞いてさらにリンクの中の犬式のyoutube見てたらもっと曲聞きたくなってiTunesを立ち上げ、Diego Expressのアルバム聞きながら

考えてました。


統一感の全くない番組選択と行動。
でも全部好き。
すべてがあってこだまこずえの作品が出来上がり〜なのでしょうね。

っと今結論出ました。

おやすみなさい。めずらしく真面目に日記を書いてみました。

ここんとこあんまり寝れてなかったから、今日は14時間も寝て、21時に目が覚めたらちょっと眠れなくなってしまいました。
寝ます。もう寝ます。
[PR]
by ko-zue | 2008-04-01 04:07

CDジャケットを描いた場所は。。。

SOIL & "PIMP" SESSIONSのタブゾンビさんプロデュース、熊谷 泰昌さんのアルバムのCDジャケットを描くことになりまして!
http://www.geocities.jp/yasumasa_kumagai/index.html

昨日は高田馬場のスタジオでレコーディングをしている場所にお邪魔してずっとジャケット描いてました。
すごいのです。みなさま、すばらしい演奏にほんとはんぱな〜い一枚が出来る予感がします。

13時間で12曲をすべてレコーディング終了。

お疲れさま過ぎです。

わたしは何度も何度もこっっそり控え室的な場所にて睡眠〜。休み〜。描いて、これでいいのかなってタブさんにみてもらって、描いて聞いて。

なんて贅沢な制作なんだろうと思いながら、描いて〜。

なんとか出来ました。いつものわたしの絵とは全然違いますよ!!


また発売日決まったらお知らせしますので、愉しみにしててください!!!
[PR]
by ko-zue | 2008-04-01 02:49