こだまこずえ 日記

<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ライブペイント終了

昨日は12月11日。震災が起こって9ヶ月目であり、今年最後の11日。その日に、ライブペイントを行うことが出来たことはとても意味のあることだなと感じながら描きました。
ドイツ語で、3月11日に日本で震災があったこと、ドイツのみならず世界中の方々が日本を助け、応援してくれたことを日本がとても感謝しているとこ、そして、震災当時から自分がドイツに住んでいて、この国にいることで日本へ向けて出来ることを考え、ライブペイントを通じて日本を感じてもらい、出来た作品はチャリティーオークションに出品することなどを伝えました。

今回の絵は前夜日本中を幸せにした皆既月食をドイツの皆にも楽しんでもらおうと思い、描きました。日本の天女が羽衣で月を隠し、三日月を作っています。7時間という短い時間でしたが、今回も沢山の人に絵を楽しんでもらい、そして、触れ合う時間を頂きました。
ドイツの美術館でライブペイントは初めてでしたが、学芸員の方もしょっちゅう見に来てくれて、プロの方にも楽しんで頂けて光栄でした。

地元の新聞者の方からも声をかけて頂き、熱心に話を聞いてくれました。

私は直接何かをする力は今はなく、無力さをいつも感じています。しかし、このライブペイントを続けることで、日本のことを身近に感じてもらい、作品が何かの力に変わればなと祈っています。

ライブペイントが終わり、メインのhigh pop cultureの会場を見ると、宮崎アニメの原画やAKIRAや銀河鉄道999やキャプテンハーロックの原画など、、日本を代表するアニメの原画や映像などが展示されていて、ものすごい夢のような展示でした。

そんな展示を見にくる方だからこそ、余計に日本人の私の作品を受け入れてもらえたんだなっと思うと、本当に日本の先人作家に感謝です。
これからも遠くはなれた場所ではありますが、いつも日本を思いながら活動していこうと思ってます。

最後に本当にこの機会をくださった、 Christophさん、Corneliaさん、車を出して見に来ただけのはずなのに一日中手伝って翻訳までしてくれたアレックス、見に来ただけなのに、撮影させられたり、通訳させられたりした、高橋さん、棚橋さん、本当に、ありがとうございました。
c0103927_86383.jpg

[PR]
by ko-zue | 2011-12-13 08:02